カワウソカーニバルやってます

*

【昭和元禄落語心中】 第8話 海外の反応 『全部だきしめて』

   

ボロくても くさくても気にしない。
昭和元禄落語心中 第8話 海外の反応をお届け

イメージ5740

■あらすじ■

七代目と菊比古の地方巡業は大盛況だった。七代目も菊比古の成長に満足し、いよいよ真打昇進を視野に入れる。頭痛のタネは、助六だ。問題行動ばかりの彼を真打にするのは、ひどく骨が折れるのだという。当の助六はというと、みよ吉から意外な事実を聞かされていた。菊比古はみよ吉に何も話さずに旅立ったというのだ。諦めにも似た悲しい表情を浮かべるみよ吉。その横顔はあまりに美しかった。 rakugo-shinju


海外の反応

1.名無しさん
うわー、最後に菊比古が死神を練習しているシーンは嫌な予感しかしない。
イメージ5828

2.名無しさん
最近OPのみよ吉の感じから、ハムレットのオフィーリアを感じる。

 

3.名無しさん
ところで、序盤で菊比古が演じてたのは何の演目?
イメージ5427

4.名無しさん
>3.あれは、紺屋高尾でしょ?花魁のマネてしゃべってる所だな。

 

5.名無しさん
名人の後を継ぐってことは大変な事なんだな、だから師匠は助六にあれやこれや言うわけだ。来週は爆発するみたいだけど。
イメージ5814


8.名無しさん
たとえ 長い間一緒にいた兄弟でも、観客に合わせた落語をするのかそれとも古典落語を守っていくのかという点でお互い譲れない思いがあるみたいだね。


9.名無しさん
助六がみよ吉を抱きしめた理由って、これくらいしか僕には出来ませんっていう慰めみたいな感じなのかな?
イメージ5603

10.名無しさん
>9.いや、ちがうんじゃない?菊比古は嫌ってるけど、俺は好きだよっつー感じでしょ。


12.名無しさん

>10.分からん。みよ吉の菊比古に対する思いに共感できたっていうのと、みよ吉の身の上話を聞いて可哀想に思ったから、ああするより他になかったんじゃないの?突然恋をしたって訳ではないと思う。イメージ5567



13.名無しさん
「叩くのかい?覚悟しておやんなさい。」
の所の菊比古は冷たいし やり過ぎ。あの場面のみよ吉はかわいそうだわ。
イメージ5618

 

14.名無しさん
これで菊比古はみよ吉との恋愛も終わったし、しんさんとの共同生活も終わりか~。いろいろ起こりすぎて寂しい。


15.名無しさん

落語のために全てを犠牲にするって、カッコいいようでいて、器が小さいし、自分勝手な気がする。仕事と生活のバランスが取れてないだけじゃね?


16.名無しさん
>15.その気持ち少しわかる。ただ、師匠が菊比古に仕向けたってところもある。社会的に見て 正直 みよ吉の位置は低いんだろう。そちらを優先させてしまえば、菊比古は八雲にはなれないのかも。そう考えると菊比古にも同情の余地はあるかな。

イメージ5636

 


17.名無しさん

まぁなんだ。3人とも好きだけど、みよ吉はしんさんと一緒のほうが幸せになれそうに見える。

イメージ5539

 

18.名無しさん
実際はあんまり練習をしないで人を笑わせる助六の方が才能はあるんだろうな。師匠が怒ったり菊比古がうらやむ気持ちもわかる。

イメージ5501

 

 

19.名無しさん
伝統的な落語をやっていくのか、新しい観客に合わせるのか、やり方は違っているけど、どちらも目指す所は同じだよね。

イメージ5697

 


20.名無しさん

助六とみよ吉の抱き合って、みよ吉が嫌がってるシーンがNGシーンみたいに見えて吹き出してしまった。

 

21.名無しさん
菊比古は八雲になりたいという野心というよりは、落語界に恩返しがしたいという義務感や責任感が強いんだろうな。
イメージ5481


22.名無しさん

菊比古がみよ吉との別れを決めたのはいいとして、こんな振り方をするとこの先もずっと引きずることになるんじゃないかと心配してる。

 


23.名無しさん

少なくとも旅に出る事をみよ吉に教えないというのは良くないわ。

 

24.名無しさん
みよ吉が菊比古を想う気持ちは純粋なんだよねぇ。なんでこんなことになっちゃうんだろう。

25.名無しさん
助六のとんまで陽気な別れ方が今日はひどく切なかった。

イメージ5732


26.名無しさん

助六はいい人だけど、この手の男はモテないのかもしれんね。菊比古と別れた帰り道の背中も寂しい。

イメージ5825


27.名無しさん

もう3人共 私が抱きしめてやりたい!

myanimelist reddit



3人の織りなす世界に海外の人たちとひたってきました(笑)

菊比古の不器用さに巻き込まれた二人が共感して引き合うという見方が面白かったです。1代目助六の反応が見たかったけど見当たりませんでした残念!

さてラストシーンは菊比古の死神、そして画面暗転という不吉な流れでEDに送り出されました。予告で激怒していた師匠と合わせて 続きが気になりますね。

本日はここまででございます。ご視聴ありがとうございました。

 


関連情報

■『昭和元禄落語心中』のコラボイベント”声優落語天狗連 第2回”が千代田区の 神田明神で開催されまして。こちらも大盛況だった様子。 レポートしてくださってる方がいらっしゃいますね。3月20日の第3回は山寺宏一さんが出演されるということで、これは盛り上がりそうです。いいなぁ…。

 

 

 

BD発売記念で1話「鰍沢」のシーンも公開。


関連商品

TVではカットされていた部分も入っている第1巻。少しお高いけど新作ドラマCDなど特典もいっぱい。

こちらも耳が幸せな57分。

 


 

前回のまとめはこちらです